スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年 春改正・考察編(2)

どうも、こんにちは。
今年の春改正は3月21日(土・祝)。
それに合わせて考察編。第二回目の今日は種別について。
『急行と快速と特快』
今回の改正では速達系統の『線引き』が大胆に行われてる。
例)113快速(現急行)、200快速、203急行、19快速、51快速、52快速、3快速、1快速など…

・天神・明治通→博多駅が快速3となり…
郊外から西新まで「快速」⇔明治通り上は『特快』⇔そっから先は「快速」
…意味深。な状況。

・1の速達はわかりやすいのだが…高宮通りは「?」
51等新登場の快速は天神~県庁方面で速達化するのだが、
今回54等は「快速」ではなくなる。
とはいえ、54等は一本木等も通過するので…

まあ単刀直入に言うと、
『快速表示でないバスが通過したり』することが生じるなあ…と。

・また国体道路快速化につき、一部停留所では『実質本数が減ることになる』のだが、
それでも、待たずに乗れるだろう。

・この一部の日中快速化につきますます
『都心~郊外 はやくいけますよ」感を強めており、
『鉄道と共存』は完全無視なのか…と。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。