べつにいいじゃない(4)

つづき

今回は統合でもなんでもなく…
これについての話を。

特別快速3番

そもそも特別快速と急行と快速の線引きがあいまいです。
ボクの中では

特別快速→郊外でも快速運行
急行→郊外では各停
快速→天神地区前で快速運行

ボクの中では下の2つの違いがどうにもこうにもわからぬのです。
西鉄電車のように同じラインのうちに停車停留所がことなる、ことならわかるんですが…

そんなわけで

この特別快速3番ができた当初は郊外まで完全なる特別快速だったそうなので、
じゃあこの際線引きを強化するために、
最速化すれば~とおもうのです。
(それがダメだったからどんどん鈍行化しているのは承知の上です。)

まあ線引きのいい例としては都心側の
特別快速51番と快速59番ですね。

この59番も快速と名乗るには2,3つの停留所を通過するだけですが「快速」です。

平尾~薬院大通り間では同じトコを通過しますが、吉塚方面では特別快速51番の方が
多くの停留所を通過するわけで…

まあ最近は速達系統の鈍行化が目立ちますが、「早けりゃいいってことじゃないんだよ…!」ということなんでしょうか??
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック